オイルのある健康な暮らしを提案

Oil Style

オリーブオイルの豆知識

近年、さまざまな健康オイルが登場し、植物油への関心が高まっています。
油について知るほど、今まで気に留めなかったことも知りたくなってきますね。
今回は、オリーブオイルの豆知識をご紹介します。

オリーブオイルの成分とカロリー

オメガ9系の「オレイン酸」が豊富

オリーブオイルも、他の食用油と同じく主成分は脂肪酸です。
脂肪酸には種類があり、一つの食用油には複数の脂肪酸が含まれています。
オリーブオイルの脂肪酸の比率はグラフをご覧ください。

約70~80%は「オレイン酸(オメガ9系)」です。
さらに「リノール酸(オメガ6系)」が約5~10%、「α-リノレン酸(オメガ3系)」もわずかに含まれます。

あわせて読みたい

「オメガ」とは?オメガ3・6・9の特徴と上手な摂り方

アマニ油などでよく知られる「オメガ(ω)」。
オメガ3が有名ですが、実はオメガ6・オメガ9などもあり、オリーブオイルやサラダ油などの身近な油も関連します。

抗酸化物質も含まれる

オリーブオイルには、ポリフェノール類やビタミンEなどの抗酸化物質も含まれています。
オリーブオイルに含まれるポリフェノールは、オリーブの果実に含まれるポリフェノール(オリーブポリフェノール)に由来するもの。
早摘みグリーンオリーブ※1は、熟しているものよりもポリフェノールを多く含んでいます。

※1 オリーブの実が熟す前のわずかな期間に収穫されるオリーブのこと。

あわせて読みたい

早摘みグリーンオリーブの魅力

実が膨らみはじめ、熟す前のわずかな期間に収穫されるオリーブ果実が早摘みグリーンオリーブと呼ばれます。

カロリーについて

オリーブオイルに限らず、植物油は全て1gで9kcal(大さじ1杯で126kcal)です。
オリーブオイルのカロリーがサラダ油などに比べ低いというわけではありません。

エキストラバージンオリーブオイルとオリーブオイル(ピュア)の使い分け

一般的には、下記のような使い分けが好まれています。
エキストラバージンオリーブオイル…生食でダイレクトに味わう
オリーブオイル(ピュア)…焼く・炒める・揚げるなど、加熱調理の油として使う

しかし、どちらが絶対に良い・悪いというのはありません。
どちらも、生食・加熱調理ともにOKです。
さまざまな用途でお試しいただき、お好みの使い方を見つけてください。

より詳しい使い分けについては、下記のページでご紹介しています。

あわせて読みたい

オリーブオイルの種類と使い方

多くの人に親しまれる人気の植物油、オリーブオイル。
さまざまな種類のオリーブオイルが市販されていますが、使う機会が増えるほど、種類や使い方などを知りたくなりますね。

オリーブオイルの保存 [1] 酸化について

油は、空気中の酸素と反応することで「酸化」します。
酸化が進むと、風味など品質の低下(劣化)につながります。

オリーブオイルは比較的酸化に強い油ですが、保存状態が悪いと酸化は進んでしまいます。
適切な方法で保存しましょう。
下記のページで詳しくご紹介していますので、ご覧ください。

あわせて読みたい

オリーブオイルの保存方法

オリーブオイルのおいしさをキープするためには、どんな保存方法が最適でしょうか。
オリーブオイルは食用油の中でも酸化に強いオイルですが、保存方法が適切でないと香りや味わいが台無しになってしまいます。

オリーブオイルの保存 [2] 冷蔵庫に入れると白濁・凝固する理由

オリーブオイルは、冷蔵庫内などで10℃を下まわる低温になると、白い粒の沈殿が生じたり、白く濁ったり、固まったりします。
これはオリーブオイルの成分の一部が低温(10℃以下)で固まって起こる現象であり、異物や不純物、カビではありません。
また、同じ温度でも、オリーブオイルの成分によって、白濁・凝固の程度は変わります。
暖かい場所に置いておくと、白濁がなくなり、元の状態に戻ります。
品質に問題はなく、安心してお召し上がりいただけます。
オリーブオイルは、冷蔵庫で保存する必要はありません。
常温暗所での保存がおすすめです。

最適な「保存場所」については、下記の記事で詳しくご説明しています。

あわせて読みたい

オリーブオイルの保存方法

オリーブオイルのおいしさをキープするためには、どんな保存方法が最適でしょうか。
オリーブオイルは食用油の中でも酸化に強いオイルですが、保存方法が適切でないと香りや味わいが台無しになってしまいます。