オイルのある健康な暮らしを提案

Oil Style

MCT(中鎖脂肪酸)を
ご存知ですか?

MCT(中鎖脂肪酸)の特長1

ココナッツや母乳などに含まれる成分です。
一般の植物油に含まれるオレイン酸やリノール酸などと同じ「脂肪酸」の仲間です。

イメージ
イメージ

MCT(中鎖脂肪酸)の特長2

MCT(中鎖脂肪酸)は効率的なエネルギー源です。
一般の植物油に比べて速やかに消化・吸収されるので、エネルギーになりやすい特性があります。

イメージ
イメージ

あわせて読みたい

有酸素運動には脂質も重要。MCTでエネルギーチャージ!

実は、特に有酸素運動にとっては脂質も必要な栄養素なのです。良質な脂質をチャージして、しっかり運動しましょう!

いつもの朝食にMCT(中鎖脂肪酸)を取り入れてみませんか?

イメージ
イメージ

初めてお使いになる場合は、MCTオイル小さじ1、またはMCTパウダー大さじ1程度から徐々に増やすようにしてください。
(目安ですので、ご飯やおかずの量によって調整下さい。)

MCT(中鎖脂肪酸)はケトン体を効率的に作り出します

近年、ケトン体はブドウ糖にかわるエネルギー源として注目されています。
MCT(中鎖脂肪酸)は、エネルギー補給や考えるためのエネルギー源を必要とする方におすすめです。

イメージ
イメージ

※市販の計量スプーンには若干ばらつきがありますので、より正確にはかりたい場合は、はかりで計量してください。

あわせて読みたい

医療や介護、スポーツ分野でも使われるスーパーエナジー「MCT」

美容・健康に関心のある方から注目を集めるMCT(中鎖脂肪酸)。
「新しい油」のように思われるかもしれませんが、実は50年以上の長い歴史があり、医療・介護・スポーツなど、さまざまな領域で利用されています。

いつもの朝食にMCT(中鎖脂肪酸)を取り入れてみませんか?

イメージ
イメージ

初めてお使いになる場合は、MCTオイル小さじ1、またはMCTパウダー大さじ1程度から徐々に増やすようにしてください。
(目安ですので、ご飯やおかずの量によって調整下さい。)