日清オイリオオンラインショップ

在宅ケア商品

健康オイルQ&A
  • 最近話題のMCT(中鎖脂肪酸)って
    どんな成分ですか?

  • 効率的なエネルギー補給が期待され、
    考える力になります。

中鎖脂肪酸は、牛乳や母乳、ココナッツオイルなどに含まれている成分で、効率的にエネルギー補給することができます。体力が低下した方のエネルギー補給の目的で長く活用されてきました。さらに考える力になる「ブドウ糖」が不足した時、それに替わるエネルギー源(ケトン体)に変わることでも注目を集めている健康成分です。

  • MCT(中鎖脂肪酸)のほかに
    おすすめの健康オイルは?

  • オメガ3脂肪酸をおすすめします。

油は肉や魚、乳製品、植物など、様々な食品に含まれています。それぞれの油は構成している脂肪酸が異なり、複数の脂肪酸で構成されています。含まれる脂肪酸の違いによって、常温では液体であったり、固体であったり、見た目にも違いが生まれるのと同じように、体に対する働きかけにも様々な違いがあります。中でも健康のため意識的に摂取して欲しいおすすめの脂肪酸が、Q1でご紹介した「中鎖脂肪酸」の他にもう1つ、「オメガ3脂肪酸」です。魚の油として知られるDHAとEPAもこの「オメガ3脂肪酸」です。

α‐リノレン酸は、人間の体内ではつくり出すことができず、食事から摂り入れるべき必須脂肪酸の1つです。体内に入ると酵素の働きによって、一部がEPA、DHAへと変換され活用されます。EPA、DHAといえば、魚に含まれる健康成分ですが、 近年では欧米的な食事が多くなり、魚を食べる機会が極端に減ったため、現代人全体にとって、とりわけいつまでもシャキッと元気であり続けたいご高齢の方々や、育ち盛りのお子様にとって意識して摂取すべき脂肪酸です。
  • オメガ6 リノール酸は、体内では合成することができず、食品から摂り入れるべき必須脂肪酸の1つ。身体を健やかな状態に保つ上で欠かせません。
  • オメガ7 人間の肌のうるおいを守っている皮脂に含まれる脂肪酸。加齢と共に減少していくため年齢を重ねるほど積極的に摂りたい成分。
  • オメガ8 不飽和脂肪酸の中でも特に酸化されにくい特長があるため、オメガ9を多く含む油は、揚げものなどの加熱調理用に最適です。