南イタリア・ルイーザ農園から、
搾りたてのおいしさを。

海と丘に囲まれ、オリーブ畑がどこまでも広がる緑の大地、南イタリア・プーリア州。古くからオリーブ果実を大切に育ててきたこの地で私たち日清オイリオは、稀少な有機100%「ルイーザ(LUISA)有機エキストラバージンオリーブオイル」に出会いました。

農園主のルイーザさんが、栽培・収穫・搾油までこだわり自家農園内で仕上げたオイルは、とびきりフレッシュな味わいです。

My olive oil【私が作るオリーブオイル】 私、ルイーザがお届けする南イタリアのオーガニックオリーブオイル『LUISA』です。

はじめまして!私の名前はルイーザ。
南イタリア・プーリア州で120年以上続くオリーブ農家の4代目で、2人の息子を育てる母親でもあります。
そして、有機エキストラバージンオリーブオイル『LUISA(ルイーザ)』の生みの親。
ナチュラルな風味あふれるこのオリーブオイルには、プーリア州の太陽と豊かな大地、そして作り手である私自身のストーリーがあります。どうぞページをめくってください。読み進めるほどに、より『LUISA』が味わい深くなることでしょう。

ルイーザさんロングインタビュー

「オリーブオイルは人を幸せにする」という信念で作り上げた、彼女の名を冠した逸品。
ルイーザさんのこだわりの結集ともいえるオイルへの想いを語っていただきました。

My hometown【私のふるさと】太陽と海と緑に包まれた南イタリア・プーリア州が、『LUISA』のふるさと。

長靴の形をした国・イタリア。そのかかとに当たるのがプーリア州。
私がオリーブを栽培している『ルイーザ農園』のあるところです。
アドリア海と地中海に続くイオニア海に囲まれた独特の地形で、ギリシャにも近く、年中あたたか。
夏は乾燥する地中海性気候に属していて、乾燥を好むオリーブにとても適した土地なのです。
プーリア州はあまり馴染みがないかもしれませんがイタリアにおけるオリーブの一大生産地。
生命を支える食べ物を育み緑いっぱいの風景が広がる、私にとってかけがえのないふるさとです。
ルイーザ農園の向こうには、遠くアドリア海も望めます。 『LUISA』を味わうとき、プーリアの自然や地中海の香りも一緒に感じてもらえたらと思っています。

old olive tree【オリーブの大樹】

今からおよそ2000年前、当時のプーリア州はギリシャの領土で、すでにオリーブの木が持ち込まれていたそうです。古代から、なくてはならないものとして大切にされてきたオリーブ。
ルイーザ農園のオリーブの大樹は、遠い昔の歴史を語りかけるように佇んでいます。

origanic cultivation【オリーブの有機栽培】 口にするものだからこそ、有機で。信念を持ってオリーブを栽培しています。

私の曽祖父が1890年に創業したこの農園。
1950年代には祖父がオリーブオイルの販売を手がけ、そして私の両親、私へと、代々受け継がれています。

家族でオリーブに携わる環境だったせいか、話題に上るのもオリーブのこと。
私は大好きなプーリアの自然の中で、家族の事業を手伝うことを自分の使命として考えていました。プーリアの大学の農学部で有機栽培について学ぶうち、私は自分の子どもにも食べさせたいオリーブを作りたい、口にするものだからこそ、よりナチュラルなものをと、農園のオリーブも有機栽培で育てたいと思うようになりました。しかしそれはとても困難な仕事だったのです。
周囲も農園のスタッフも反対する中、私は信念を持って根気よく説得を続け、オリーブの有機栽培に挑戦したのです。

3年の年月を費やし、初めての有機オリーブが収穫できると反対していた農園のスタッフも協力してくれるようになりました。
今では私の農園のみならず、有機栽培でオリーブを育てている近隣の農家の方の協力も得て、納得のいくオリーブオイルを生産しています。

care of the olive【オリーブの世話】わが子を思う親のように。オリーブを見つめ、世話をする日々。

有機栽培は天候や病害虫などの影響を受けやすいのですが、それでも安定して質の良いオリーブ果実を収穫できるように努めなければなりません。

私の農園では、虫がつかないよう雑草の管理はもちろんのこと、水の与え方も昔の方法にとらわれず、新しい方法でオリーブの木の負担を少なくする工夫をしています。

収穫量が減少しないように、木の剪定なども気を使うところです。収穫時期の見極めも大切です。
収穫が遅くなると木にストレスがたまり、翌年の収穫率が悪くなってしまうのです。私はいつも丁寧にオリーブの木を見て、時には「どこが悪いの?」と
まるで母親のように語りかけることもあるんですよ。

また、ルイーザ農園では、オリーブ以外にも様々な野菜を有機栽培で育てています。
採れたての新鮮な野菜を農園内のお店に並べると、車で通りがかった人々が買い求めてくれます。
自然に優しく、舌もからだも喜ぶ食べ物を作る。それはとても価値のあることだと私は信じています。

Live with olive【オリーブとともに生きる】オリーブとともに生きる味わい深い人生。

イタリア南部、プーリア州の州都・バーリから車を走らせるとどこまでも続くオリーブ農園。

さんさんと降り注ぐ南イタリアの太陽を浴びて、オリーブの木々は白い花を咲かせ、実をつけていきます。農園で働く人々は、飾りっ気がなく朗らか。家族や仲間を大切にする絆がオリーブを育んでいます。
きらきらとした木漏れ日の中、農園をそぞろ歩けば、気持ちの良い風が通り抜け、小鳥たちのさえずりが聞こえてきます。

オリーブの木々を見つめ、世話をしてその収穫を心待ちにし、家族や仲間たちと喜びを分かち合う日々はなんと心豊かなことでしょう。オリーブとともに生きる幸せを、ぜひ味わってください。

私たちが心を込めて作ったオリーブオイルは、あなたのキッチンやテーブルできっと宝石のように、毎日を輝かせてくれることでしょう。

私が大切にしているのは、おいしさはもちろん、家族に食べさせたいと思える品質のオイルを作ること。120年以上続く農園の伝統を生かしながらも、さらなる品質向上のためには新しいものも積極的に取り入れるのがルイーザ流。その一端として、栄養価や衛生面に配慮して、新しい搾油機を導入しています。


イタリアの農園は伝統的な手法を変えないところが多いので私のやり方は珍しいと言われていますが、これもオイルの品質を第一に思うからこそなんです。傷をつけないように大事に収穫したオリーブの果実は、その日のうちに農園の搾油所へ運び、新鮮なまま半日以内にペースト状にします。実を砕く機械も、収穫する粒の大きさや苦味、辛味に合わせて選んだもの。搾油に向けて徐々にオリーブをより細かく粉砕していきます。


そしてオリーブの搾油は熱が大敵です。せっかくの風味や栄養分を損なわないようにコールドプレスで丁寧に搾り、遠心分離機にかけてオイルと粉砕された実を分けたのち、さらに水分とオイルを分離します。各工程、私の目の行き届く中で仕上げたオイルは、新鮮な早摘みオリーブをそのまま搾ったナチュラルな風味。納得のいく品質のものだけをお届けしています。

オリーブ果実が『LUISA』になるまで

  1. 1.選別・洗浄 葉や茎、小枝などを篩(ふるい)や風で除去し、果実を水洗いします。
  2. 2.攪拌1(マラキシング)  オリーブ果実のペーストをじっくりとかき混ぜ、油を搾りやすくします。
  3. 3.攪拌2 果実の各部位に含まれる栄養成分や芳香成分などが油に溶け出し、風味、栄養価が整えられる重要な工程です。
  4. 4.遠心分離(搾油) 固形分と液体分を遠心分離方式で搾油します。
  5. 5.仕上げ さらに縦型の遠心分離機にかけ水と油を丁寧に分離してバージンオリーブオイル(一番搾り)が出来上がります。

オリーブ果実が『LUISA』になるまで

選別・洗浄

葉や茎、小枝などを篩(ふるい)や風で除去し、果実を水洗いします。

攪拌1(マラキシング)

オリーブ果実のペーストをじっくりとかき混ぜ、油を搾りやすくします。

攪拌2

果実の各部位に含まれる栄養成分や芳香成分などが油に溶け出し、風味、栄養価が整えられる重要な工程です。

遠心分離(搾油)

固形分と液体分を遠心分離方式で搾油します。

仕上げ

さらに縦型の遠心分離機にかけ水と油を丁寧に分離してバージンオリーブオイル(一番搾り)が出来上がります。

Ideal oil【理想のオイル】早摘みオリーブならではの良さが詰まったオイルです。

エキストラバージンオリーブオイルはオリーブの産地や品種でも味わいが異なりますが、オリーブ果実の収穫時期も風味を大きく決定づける要素です。

私の農園では早摘みで収穫しています。なぜならば、オリーブオイルは果実を搾って作る、いわばオリーブのジュース。早摘みオリーブならではのフルーティさを味わうことができるからです。そして、早摘みのグリーンオリーブ果実は、熟した果実よりも抗酸化物質『ポリフェノール』を多く含むという特長があるのです。

おいしくて、ヘルシーなオイル。それが『LUISA』なのです。

成熟具合によるポリフェノール量の変化

丹精込めて作り上げたオイルに込められた家族の思いと志。

丹精込めて作り上げたオイルに込められた家族の思いと志。

農園で搾油したオリーブオイルは、テイスターである私の兄・ニコラも厳しくチェックしています。

化学的処理を一切行わない高品質なエキストラバージンオリーブオイルを、有機栽培で収穫したオリーブ果実で作ることはとても難しいこと。曽祖父から祖父、父の志を受け継ぐ兄もまた、幼い頃からオリーブオイルのテイスティングをし始め、オリーブとともに生きる人生を歩んでいます。

私が丹精込めて作り上げたオイルをテイスティングし、「農園で育てている野菜の青々しさや、スパイシーさを感じさせる。バランスのとれた素晴らしいオイルだ」と評価してくれました。

『LUISA』のグリーンでナチュラルな風味は、まさに私の理想とするエキストラバージンオリーブオイル。兄はそこへ導いてくれる大切な家族でありパートナーなのです。

エキストラバージンオリーブオイルのタイプ

オリーブオイルの香り

Healty oil【健康的なオイル】健やかでおいしい南イタリアの食卓を『LUISA』が叶えます。

農園主であり、子育て真っ最中の母親である私が、忙しい毎日でも元気に過ごせているのは、きっとオリーブオイルと南イタリアの豊かな食材を使った食事のおかげでしょう。


プーリア州の郷土料理は、素材の良さを生かしたヘルシーでシンプルなもの。だからこそ料理の味を格上げするオリーブオイルが欠かせません。


天気の良い日は、外にテーブルを出して、家族やお客さまと一緒に会話を楽しみながら食事を味わうこともあります。普段の食事も、パーティのひとときも、私の食卓の中心にあるのは『LUISA』なのです。

健康に欠かせない成分を含むオイル

オリーブオイルの主成分は酸化しにくい『オレイン酸』。
また抗酸化物質であるポリフェノールやビタミンEを含み、健康維持に役立つと期待されています。

オリーブオイル中の脂肪酸含有量比率

健康的な食生活を支えるオリーブオイル

私の住む南イタリアなど地中海に囲まれた地域では、
新鮮な野菜・果物に豆類や穀物、魚介類、チーズやオリーブオイルを毎日摂っています。
この食文化は『地中海型食生活』と呼ばれています。
1960年代にミネソタ大学のキーズ教授が行った研究で、地中海型食生活を続ける人の平均寿命が
長いことが報告され、健康的な食事として注目を集めるようになりました。

❶オリーブオイルを日常的に使う。 ❷季節の野菜・果物・穀物などを毎日バランスよく食べる。 ❸魚介類やチーズやヨーグルトなどの発酵食品を習慣的に食べる。

ルイーザのこだわり

とても稀少な有機栽培の早摘みオリーブ果実。
01

手間ひまかけて育てた
“有機オリーブ果実”使用

100%有機オリーブ果実を使用。高品質な有機果実を育てることは困難ですが、約3年かけて土壌を作り、雑草の管理や虫の対策などを実施。
その情熱が実を結び、良質な有機オリーブ果実を搾った稀少なオイルができあがりました。

職人のヴィトさん。ルイーザさんや仲間たちと
この農園で働けることが幸せだと言います。
02

自社農園で栽培から搾油まで“一括管理”

栽培、収穫、搾油まですべてを農園内で行う「シングルエステート」。
すべての工程を目の行き届く農園内で行うことで、品質を厳しくチェックできます。収穫後のとびきりフレッシュな果実は、新鮮なままその日のうちに搾油。香り豊かなオイルに仕上げます。

自然の恵みだけで作った
フレッシュジュースのようなオリーブオイル
03

青々しい風味にトマトを感じる“豊かな香り”

青々とした有機オリーブ果実のフレッシュな風味をそのまま生かした「ルイーザ(LUISA) 有機エキストラバージンオリーブオイル」。
農園内で栽培されるトマトやオレガノが感じられる豊かな香りに、ピリッとした辛みが特徴的な力強い味わいです。さまざまな料理にベストマッチします。

ルイーザ農園だより
親愛なる日本の皆さまへ。ルイーザ農園では、緑色に輝くオリーブ果実がすくすくと育っている真っ最中。
ルイーザ農園の近況をリポートします。
ルイーザ農園だより

ルイーザを愉しむ

オリーブ農園で生まれ育った私のおやつといえば、
トマトをのせたパンにオリーブオイルをたっぷりかけたブルスケッタ。
パン粉を丸めてオリーブオイルで揚げた
ポルペッタというパン粉のお団子も大好物で、
「団子のルイーザ」と呼ばれるほどでしたよ。
素材の良さを生かしたプーリア州の郷土料理は、素朴で優しいおいしさ。
『LUISA』を使って、ぜひ作ってみてください。

お好みの焼き加減のステーキに、ルイーザをたっぷりかけるだけ。
付け合わせの野菜とも相性抜群!

焼き秋ナスとキノコのマリネに、ルイーザをたっぷりかけるだけ。
彩も豊かで、さっぱりな味付けの野菜を沢山食べられます!

野菜を漬け込む時にルイーザ加えるだけ。
酸味をまろやかにして、食べやすいピクルスになります!

カプレーゼグラタン

材料

●ペンネ…150g ●トマト…2個 ●モッツァレラチーズ…2個 ●なす…1個
A(粉チーズ…30g、塩…少々、胡椒…少々、ルイーザ(LUISA)有機エキストラバージンオリーブオイル…大さじ1)
●粗挽き黒胡椒…少々 ●バジル…適量 ●ルイーザ(LUISA)有機エキストラバージンオリーブオイル…適量

作り方

1.ペンネは表記通りにゆでる。
2.トマト、モッツァレラチーズ、なすは輪切りにする。
3.耐熱皿に水気を切ったペンネとAを入れてあえ、均等に敷き詰める。
4.ペンネの上にトマト、モッツァレラチーズ、なすの順に並べていく。
5.250℃のトースターで8分程焼く。
6.粗挽き黒胡椒をふってバジルを添え、仕上げにルイーザ(LUISA)有機エキストラバージンオリーブオイルをかける。

秋野菜の焼き浸し

材料(2人分)

●さつまいも…110g ●かぼちゃ…110g ●蓮根…100g ●まいたけ…1/2袋 ●長ねぎ…1本
A(しょうゆ…大さじ2、塩…少々、みりん…大さじ1、水…300ml、唐辛子(輪切り)…小さじ½、和風顆粒だし…小さじ½、ルイーザ(LUISA)有機エキストラバージンオリーブオイル…大さじ1)
B(ルイーザ(LUISA)有機エキストラバージンオリーブオイル…大さじ2)
C(ルイーザ(LUISA)有機エキストラバージンオリーブオイル…適量)

作り方

1.かぼちゃとれんこんは薄切りに、まいたけは石づきを取り、長ねぎは斜め切りにする。
2.さつまいもは乱切りにして耐熱容器に入れ、ラップをして電子レンジ(600w)で2分加熱。
3.フライパンにBを入れて熱し、さつまいも、かぼちゃ、れんこんを焼く。
4.さらにまいたけ、長ねぎを加えて焼く。
5.保存容器にAを混ぜ合わせ、4を浸す。
6.落としラップをし、冷蔵庫で1時間以上寝かす。
7.皿に盛り、仕上げにCをかけて完成。

Message【ルイーザからのメッセージ】おいしい笑顔が幸せを連れてきます。あなたの毎日に『LUISA』をお役立てください。

5歳の頃から私はその年にできた新しいオリーブオイルを味見してきました。
初めて有機栽培で育てたオリーブ果実を搾った時、祖父の搾油所に漂っていたのと同じ香りがしてとても懐かしく、嬉しかったのを覚えています。

『LUISA』は私の息子たちのように愛情を注いで作り上げたオイルです。
ナチュラルな風味の中にピリッとした辛味のある豊かな味わいは、普段の食事をきっと特別なものにしてくれることでしょう。
そして、ぜひ日本の新鮮な食材とも合わせてみてください。
南イタリアの地でオリーブとともに生きる私の名を冠した有機エキストラバージンオリーブオイル『LUISA』で、あなたの食卓を幸せにするお手伝いができたらと、心より願っています。

ルイーザ(LUISA)

ルイーザ(LUISA)

●有機エキストラバージンオリーブオイル
●190g 南イタリア産オリーブオイル使用

使用期間について
●イタリアでは「ワインは古いほど良く、オリーブオイルは新しいほど良い」といわれています。フレッシュでおいしいうちにお召し上がりいただくために、蓋を開けたあとはできるだけ早めに使い切ることをおすすめします。
保管方法について
●酸素にふれないよう、使った後は必ず蓋をしっかりと閉めてください。
●オリーブオイルは光や熱を苦手とします。光の当たらない涼しいところに保管してください(ただし、低温になるとにごりが生じる場合もございますので、冷蔵庫での保管はお控えください)。また、熱気が滞留するようなガス台の下やガスコンロ周辺も避けてください。

ご購入はこちらから