太陽の光がさんさんと降り注ぎ、澄んだ空気とアンデス山脈の豊富な地下水に恵まれたチリ。
アロンソ氏は、良質なオリーブ栽培に必要な「寒暖差のある土壌」を探求し、
昼夜の温度差が15~20℃となる現在の理想郷に辿り着きました。

オリーブの木々には、独自の灌漑システムを駆使し、適量の水をベストタイミングで与えます。
つややかに育った早摘みオリーブは、新鮮さを保つために、
専用収穫機で果実を傷つけず素早く収穫。先進技術が上質で新鮮なオイルをつくる秘密です。

新鮮な早摘みオリーブは、農園の中心にある工場に集められ、3時間以内に搾油。
搾りたてのオイルはろ過せずに静置し、澱が沈んだら上澄みだけすくいとる
「ノンフィルター製法」を採用。ヌーボーならではの力強い香りを最大限引き出します。

品種ごとの味わいを知り尽くすブレンダーが、4種の早摘みオリーブを
その年の出来に合わせてベストな比率で調合。
オイルのエキスパート、私たち日清オイリオが吟味を重ねて、今年だけの風味が生まれます。

1本1本丁寧に瓶詰めした後は、空輸ですぐに日本に直送。
できたてを届けるためのポベニャ社と日清オイリオのこだわりです。
ご自宅で栓を開けた瞬間、チリの農園で搾りたてを味わうような感動をご堪能いただけるはずです。

日清オイリオグループ株式会社  Copyright ©2017 The Nisshin OilliO Group, Ltd.