早摘みのオリーブオイルを新鮮なまま搾ったナチュラルな美味しさ。
早摘みのオリーブオイルを新鮮なまま搾ったナチュラルな美味しさ。
『LUISA』は、私たち日清オイリオが、オリーブの一大生産地である南イタリア・プーリア州で出会った稀少な有機エキストラバージンオリーブオイルです。
『LUISA』は、私たち日清オイリオが、 オリーブの一大生産地である南イタリア・プーリア州で出会った 稀少な有機エキストラバージンオリーブオイルです。 名門オリーブ農園の4代目であり、子育て中の母親でもあるルイーザさんが 家族や農園スタッフの協力を得ながら 愛情込めて育てた有機栽培のオリーブ果実を、早摘みで収穫し搾油しています。 早摘みならではのグリーンでフルーティな風味と豊かな香りは、 南イタリアの太陽と地中海に囲まれた大地の恵み。 ぜひ毎日のお料理を特別にするオイルとして 『LUISA』を末永くお役立てください。
My Olive Oil 私たちが作るオリーブオイル
初めまして!私の名前はルイーザ。
南イタリア・プーリア州で州で120年以上続く
オリーブオイル農家の4代目で、2人の息子を育てる母親でもあります。
そして、有機エキストラバージンオイル『LUISA(ルイーザ)』の生みの親。
ナチュラルな風味溢れるこのオリーブオイルには、
プーリア州の太陽と豊かな大地、
そして作り手である私自身のストーリーがあります。
どうぞページをめくってください。
読み進めるほどに、『LUISA』が味わい深くなることでしょう。
長靴の形をした国・イタリア。そのかかとに当たるのがプーリア州。私たちが管理する農園のあるところです。
アドリア海と地中海に続くイオニア海に囲まれた独特の地形で、ギリシャにも近く、年中あたたか。夏は乾燥する地中海性気候に属していて、乾燥を好むオリーブにとても適した土地なのです。
生命を支える食べ物を育み緑いっぱいの風景が広がる、私にとってかけがえのないふるさとです。
農園の向こうには、遠くアドリア海も望めます。
『LUISA』を味わうとき、プーリアの自然や地中海の香りも一緒に感じてもらえたらと思っています。
農園主、ルイーザの南イタリアの暮らし
Old olive tree オリーブの大樹
Old olive tree オリーブの大樹
口にするものだからこそ、有機で。信念を持ってオリーブを栽培しています。
1950年代には祖父がオリーブオイルの販売を手がけ、そして私の両親、私へと、代々受け継がれています。家族でオリーブに携わる環境だったせいか、話題に上るのもオリーブのこと。
私は大好きなプーリアの自然の中で、家族の事業を手伝うことを自分の使命として考えていました。プーリアの大学の農学部で有機栽培について学ぶうち、私は自分の子どもにも安心して食べさせられるオリーブを作りたい、口にするものだからこそ、よりナチュラルなものをと、農園のオリーブも有機栽培で育てたいと思うようになりました。
しかしそれはとても困難な仕事だったのです。
周囲も農園のスタッフも反対する中、私は信念を持って根気よく説得を続け、オリーブの有機栽培に挑戦したのです。3年の年月を費やし、初めての有機オリーブが収穫できる頃には反対していた農園のスタッフも協力してくれるようになりました。今では私の農園のみならず、有機栽培でオリーブを育てている近隣の農家の方々の協力も得て、納得のいくオリーブオイルを生産しています。
我が子を思う親のようにオリーブを見つめ世話をする日々。
有機栽培は天候や病害虫などの影響を受けやすいのですが、それでも安定して質の良いオリーブ果実を収穫できるように努めなければなりません。
私の農園では、虫がつかないよう雑草の管理はもちろんのこと、水の与え方も昔の方法にとらわれず、新しい方法でオリーブの木の負担を少なくする工夫をしています。収穫量が減少しないように、木の剪定なども気を使うところです。収穫時期の見極めも大切です。収穫が遅くなると木にストレスがたまり、翌年の収穫率が悪くなってしまうのです。私はいつも丁寧にオリーブの木を見て、時には「どこが悪いの?」とまるで母親のように語りかけることもあるんですよ。
また、農園では、オリーブ以外にも様々な野菜を有機栽培で育てています。採れたての新鮮な野菜を農園内のお店に並べると、車で通りがかった人々が買い求めてくれます。
自然に優しく、舌もからだも喜ぶ食べ物を作る。それはとても価値のあることだと私は信じています。
オリーブとともに生きる味わい深い人生。
イタリア南部、プーリア州の州都・バーリから車を走らせるとどこまでも続くオリーブ農園。 さんさんと降り注ぐ南イタリアの太陽を浴びて、オリーブの木々は白い花を咲かせ、実をつけていきます。農園で働く人々は、飾りっ気がなく朗らか。家族や仲間を大切にする絆がオリーブを育んでいます。
きらきらとした木漏れ日の中、農園をそぞろ歩けば、気持ちの良い風が通り抜け、小鳥たちのさえずりが聞こえてきます。オリーブの木々を見つめ、世話をしてその収穫を心待ちにし、家族や仲間たちと喜びを分かち合う日々はなんと心豊かなことでしょう。オリーブとともに生きる幸せを、ぜひ味わってください。
私たちが心を込めて作ったオリーブオイルは、あなたのキッチンやテーブルできっと宝石のように、毎日を輝かせてくれることでしょう。
Oil quality 品質について
オイルの品質を追求するために収穫後の工程も徹底して管理。
私が大切にしているのは、おいしさはもちろん、家族に食べさせたいと思える品質のオイルを作ること。120年以上続く農園の伝統を生かしながらも、さらなる品質向上のためには新しいものも積極的に取り入れるのがルイーザ流。その一端として、栄養価や衛生面に配慮して、新しい搾油機を導入しています。
イタリアの農園は伝統的な手法を変えないところが多いので私のやり方は珍しいと言われていますが、これもオイルの品質を第一に思うからこそなんです。傷をつけないように大事に収穫したオリーブの果実は、その日のうちに農園の搾油所へ運び、新鮮なまま半日以内にペースト状にします。実を砕く機械も、収穫する粒の大きさや苦味、辛味に合わせて選んだもの。搾油に向けて徐々にオリーブをより細かく粉砕していきます。
そしてオリーブの搾油は熱が大敵です。せっかくの風味や栄養分を損なわないようにコールドプレスで丁寧に搾り、遠心分離機にかけてオイルと粉砕された実を分けたのち、さらに水分とオイルを分離します。各工程、私の目の行き届く中で仕上げたオイルは、新鮮な早摘みオリーブをそのまま搾ったナチュラルな風味。納得のいく品質のものだけをお届けしています。
オリーブ果実が『LUISA』になるまで
オリーブ果実が『LUISA』になるまで
The Ideal oil 理想のオイル
早摘みオリーブならではの良さが詰まったオイルです。
エキストラバージンオリーブオイルはオリーブの産地や品種でも味わいが異なりますが、オリーブ果実の収穫時期も風味を大きく決定づける要素です。
私の農園では早摘みで収穫しています。なぜならば、オリーブオイルは果実を搾って作る、いわばオリーブのジュース。早摘みオリーブならではのフルーティさを味わうことができるからです。そして、早摘みのグリーンオリーブ果実は、熟した果実よりも抗酸化物質「ポリフェノール」を多く含むという特長があるのです。
おいしくて、ヘルシーなオイル。 それが『LUISA』なのです。
丹精込めて作り上げたオイルに込められた家族の思いと志。。
農園で搾油したオリーブオイルは、テイスターである私の兄・ニコラも厳しくチェックしています。化学的処理を一切行わない高品質なエキストラバージンオリーブオイルを、有機栽培で収穫したオリーブ果実で作ることはとても難しいこと。曽祖父から祖父、父の志を受け継ぐ兄もまた、幼い頃からオリーブオイルのテイスティングをし始め、オリーブとともに生きる人生を歩んでいます。私が丹精込めて作り上げたオイルをテイスティングし、「農園で育てている野菜の青々しさや、スパイシーさを感じさせる。バランスのとれた素晴らしいオイルだ」と評価してくれました。
『LUISA』のグリーンでナチュラルな風味は、まさに私の理想とするエキストラバージンオリーブオイル。兄はそこへ導いてくれる大切な家族でありパートナーなのです。
Healty oil 健康なオイル
健やかでおいしい南イタリアの食卓を 『LUISA』が叶えます。
農園主であり、子育て真っ最中の母親である私が、忙しい毎日でも元気に過ごせているのは、きっとオリーブオイルと南イタリアの豊かな食材を使った食事のおかげでしょう。
プーリア州の郷土料理は、素材の良さを生かしたヘルシーでシンプルなもの。だからこそ料理の味を格上げするオリーブオイルが欠かせません。
天気の良い日は、外にテーブルを出して、家族やお客さまと一緒に会話を楽しみながら食事を味わうこともあります。普段の食事も、パーティのひとときも、私の食卓の中心にあるのは『LUISA』なのです。
健康に欠かせない成分を含むオイル
オリーブオイルの主成分は酸化しにくい『オレイン酸』。また抗酸化物質であるポリフェノールやビタミンEを含み、健康維持に役立つと期待されています。
健康的な食生活を支えるオリーブオイル
私の住む南イタリアなど地中海に囲まれた地域では、新鮮な野菜・果物に豆類や穀物、魚介類、チーズやオリーブオイルを毎日摂っています。この食文化は『地中海型食生活』と呼ばれています。1960年代にミネソタ大学のキーズ教授が行った研究で、地中海型食生活を続ける人の平均寿命が長いことが報告され、健康的な食事として注目を集めるようになりました。
レシピ紹介
レシピ紹介
トマトソースオレッキエッテ
材料(4人分)
●オレッキエッテ(耳たぶパスタ)…400g
●玉ねぎ…1個
●トマト…500g
●ルイーザ…大さじ2
●バジル…数枚
●塩…少々
●パルミジャーノレッジャーノ(チーズ)…少々
※パルメザンチーズで代用可
作り方
?みじん切りにした玉ねぎをルイーザで炒め、火が通ったら切ったトマト、バジルと塩を加える。弱火で20分ぐらい炒めたらミキサーにかける。さらにもう少し炒め、水分を蒸発させる。
?その間にオレッキエッテを熱湯で茹で、水気を切って?のトマトソースで数分炒める。最後にパルミジャーノレッジャーノとルイーザ(分量外)をかける。
ポルペッタ(パン粉の団子)
材料(4人分)
●パン粉(硬め)…500g
●牛乳…250ml
●パルミジャーノ
 レッジャーノ(チーズ)…50g
 ※パルメザンチーズで代用可
●卵…中 1 個
●ルイーザ…大さじ1
●パセリ…少々
●塩・こしょう…少々
●揚げ油…適量
(オリーブオイルがおすすめ)
作り方
?ボウルに牛乳とパン粉を入れ、パン粉が牛乳を吸い込むまで休ませる(パン粉を少し衣用に取っておく)。卵、パルミジャーノレッジャーノ、パセリ、塩・こしょうとルイーザを加えて混ぜる。
?手で丸めて団子を作る。この量で35g×27個ぐらいが目安。違うボウルで残りのパン粉と塩(分量外)を混ぜて、衣として団子につける。
?揚げ油を160?180度まで加熱し、団子を少しずつ揚げていく。
チーズのトマトカップサラダ
材料(4人分)
●完熟トマト…1kg(大4個)
●リコッタ(チーズ)…500g
●セロリ…100g
●おろしたレモンの皮…少々
●塩…少々
●ルイーザ…少々
作り方
?完熟トマトの上部の先端を切って果肉をすくい取り、塩をかけ裏返しにし、30分くらい休ませる。
?ボウルでリコッタ、ミキサーにかけたセロリ、おろしたレモンの皮、塩とルイーザを混ぜる。これをトマトに詰める。
おいしい笑顔が幸せを連れてきます。あなたの毎日に『LUISA』をお役立てください。
おいしい笑顔が幸せを連れてきます。あなたの毎日に『LUISA』をお役立てください。
ご購入はこちらから