大切なあの人に、健康の贈物(ギフト)を。日清オイリオ通信販売の「プレミアムセレクションBOX」。お歳暮・お中元の基礎知識。

歳時記カレンダー

歳時記カレンダー

お歳暮・お中元の基礎知識

  • お中元基礎知識
  • お歳暮基礎知識
  • ご贈答のマナー
  • お中元基礎知識

    ■お中元の時期

    7月初めから15日頃までにお贈りするのが一般的です。8月にお盆を行う地域などにお住まいの方にお贈りする場合には、ひと月遅れの8月15日までにお贈りすることが多いようです。

    ■お中元の基本マナー(Q&A)

    Q.お中元はどんな方に対してお贈りするものなのですか?
    A.日頃お世話になっている上司や仲人、両親、兄弟、親戚、友人、知人などに感謝の意を伝えるためにお贈りするのがお中元です。誰に贈らなくてはいけないという明確な決まりはありません。皆様が「感謝の心をお伝えしたい」と思う方や「元気でいて欲しい」と思う方へのごあいさつにお贈りするとよいと思います。

    Q.お贈りする時期が遅くなってしまったら、どうすれば良いのでしょうか?
    A.お中元のかわりに、「暑中御見舞い」としてお贈りするのが一般的です。目上の方へお贈りする場合には、「暑中御伺い」とするとより良いでしょう。「暑中御見舞い」「暑中御伺い」は立秋の頃までにお贈りするようにしましょう。また、立秋以降は「残暑御見舞い」としましょう。旧盆の地域でも、立秋以降なら、「残暑御見舞い」とするのが良いでしょう。

    Q.どのような贈答品をお贈りすれば良いのでしょうか?
    A.一般的には、食品、日用品などのように、長く残らないような品物をお贈りするのが良いとされているようです。また、家族構成や好みなど、お贈りする方の状況を考慮した品物をお贈りするとより良いでしょう。季節がら、生ものなどいたみやすい物をお贈りする場合には、相手が確実に受け取ることができるかどうか事前に確認しておくようにしましょう。

    Q.お贈りする方や自分が喪中のときはどうすれば良いのでしょうか?
    A.お中元はお祝いごとではないので、贈る側、贈られる側のどちらが喪中であっても問題はありません。お贈りする際には、のし、水引は避け、白無地の短冊に「お中元」と書くようにしましょう。四十九日を過ぎていない場合には、お贈りする時期をちょっとずらして7月15日を過ぎる場合は、「暑中御見舞い」「暑中御伺い」、立秋を過ぎたら「残暑御見舞い」としましょう。

  • お歳暮基礎知識

    ■お歳暮の時期

    正式には「事始めの日」というお正月をお祝いする準備を始める12月13日から12月20日までに贈るものでしたが、最近では年末の忙しい時期をさけて早めに挨拶をする方も増えているようです。関東地方では12月初旬から12月31日、関西地方では12月13日から12月31日までが良いでしょう。

    ■お歳暮とは?

    「お歳暮」は、お正月に祖霊(先祖の霊)を迎え御魂祭りの御供え物や贈り物をした日本古来の習わしが起源とされ、嫁いだり、分家した人が親元へお正月になると集まり御供え物を持ち寄ったのが始まりです。昔は塩鮭、塩ぶり、数の子、するめ、もちなど年越しに必要な御供え物を贈っていましたが、現代では、日頃お世話になっている方々への年末のあいさつになっています。

    ■お歳暮の基本マナー(Q&A)

    Q.あいさつ状を同封したほうがいいでしょうか?
    A.お歳暮の品を配送でお届けする場合はあいさつ状を同封するか、荷物が届くころに別に手紙かハガキをお出しするのが良いでしょう。

    Q.お歳暮はどんな方に対してお贈りするものなのですか?
    A.日頃お世話になっている上司や仲人、両親、兄弟、親戚、友人、知人などです。誰に贈らなくてはいけないという明確な決まりはありません。近頃では、身近な人に感謝の気持ちを伝える機会としてお歳暮を贈る傾向があります。

    Q.喜ばれる品物はどんなものでしょうか?
    A.家族構成や好みなど、お贈りする方の状況を考慮した品物をお贈りするとより良いでしょう。特に相手が何をほしがっているのかわからない場合には、食品、日用品などのように、長く残らないような品物をお贈りするのが良いでしょう。

    Q.贈るタイミングを逃したらどうすれば良いのでしょうか?
    A.年内に間に合わなかったら、例えば関東地方では1月7日(松の内)までに、関西地方では15日までに表書きを「御年賀」として届くようにしましょう。

    Q.お贈りする方や自分が喪中の時、どうすれば良いのでしょうか?
    A.喪中でもお歳暮は贈っても差し障りはありません。四十九日を過ぎていない場合や気落ちしているようなら、時期をずらして「寒中お伺い」や「寒中御見舞い」として贈る気配りを忘れずにして下さい。気をつけたいのは、「お年賀」として贈らないように。

  • ご贈答のマナー

    ■ご贈答のマナー

    お贈りする相手宅に直接訪問し、日頃の感謝の言葉とともに品物をお届けするのが理想的です。しかし、宅配などでお届けしても失礼にはあたるということはないでしょう。品物を持参して挨拶をするのが難しい場合は、挨拶状を出しましょう。
    時候の挨拶の後、日頃の感謝の気持ちを伝えます。品物よりも2~3日ぐらい早く届くようにしましょう。

    ■ 贈り物として避けておいたほうが
      良い品物はありますか?

    昔から「縁起が悪い」などの理由でタブーとされる品物がありますが、語呂合わせなど根拠の無いことが多いようです。年配の方など気にされることも考えて、贈り物として避けておいたほうが良い品物を知っておくのもマナーです。一般的な品物としては、お茶(茶葉)などは弔事に使われることが多いため、避けるのが無難です。ただし相手がお茶好きだとわかっている場合はこのケースにあてはまりません。